「生田緑地」

生田緑地は、首都圏を代表する緑豊かな自然環境を有しています。
生田緑地には、クヌギ・コナラを中心とした雑木林や、谷戸部の湿地、湧水等の貴重な自然資源が残されており、かつての里山環境や、周辺の農地、樹林等と一体となった美しい風景が今に引き継がれています。特に、中央地区には、ゲンジボタルやホトケドジョウ等、市内でも限られた地域にしか見られない貴重な生物が生息しています。
春には枡形山のサクラ、初夏にはハナショウブ、秋には美しい紅葉等、四季折々の自然を感じることができます。その自然を背景に、岡本太郎美術館、日本民家園、伝統工芸館、かわさき宙(そら)と緑の科学館、春と秋に開苑するばら苑等の施設があり、さまざまな楽しみ方ができる場となっています。

当社は、株式会社日比谷花壇を代表企業とし、株式会社日比谷アメニスとともに構成団体として組成した共同事業体「生田緑地日比谷花壇・日比谷アメニス・東急ファシリティサービス共同事業体」として、2018年4月から生田緑地(川崎市)の指定管理者として運営を開始しています。

川崎市岡本太郎美術館

かわさき宙(そら)と緑の科学館 「青少年科学館」

日本民家園

受託物件詳細

受託物件(施設名) 生田緑地
用途 展示場・ホール・レストラン・ショップ
所在地 神奈川県川崎市多摩区
受託内容 設備管理業務・清掃業務
公式サイト http://www.ikutaryokuti.jp/