環境活動

企業活動のすべての部門で地球環境の保全に取り組む活動を推進しています。
  • 東急グループ理念の環境理念の中で謳われている「自然環境との融和をめざした経営を行う」という一節。この理念に沿って企業の社会的責任を全うするために、東急ファシリティサービスは全社を挙げて環境方針を掲げ、毎年各部門ごとに環境目的・目標を設定し、その実現に向けた環境活動に取り組んでいます。そうした環境活動への取り組みのプラットフォームとも言えるのが、本社・分室で継続的に取得しているISO14001(環境マネジメントシステム)の認証です。こうした環境活動への取り組みは、社内だけでなく、当社のお客様であるビルやマンションの設備や施設の維持・管理の事業を通じて、省エネソリューションを積極的に展開しています。東急ファシリティサービスのすべてのステークホルダーの方々とともに「自然環境との融和をめざした経営を行う」ことを実践し、企業としての社会的責任を果たします。

今までの環境への
取り組み(環境活動の取り組みサイト(範囲) 本社及び分室)

  • 電力使用量の削減

    エネルギー削減の中心になるのが電力使用量の削減です。業務拡大等により使用量が本来増える状況にありますが、定時帰宅日の徹底による残業時間の抑制やクールビズ、ウォームビズの実施、こまめな消灯の徹底により、電力使用量の削減に努めております。

  • 廃棄物の削減

    業務体制の変更により発生した不要書類を整理したことから、今年度は廃棄量が増加いたしましたが、自販機ベンダーや近隣コンビ二の回収協力も得て、廃棄物の3R運動を徹底し、廃棄物の減量に努めております。

  • 車両燃費の向上

    業務車両を減車、またはハイブリットカーや燃費の良い小型車への入れ替え、ドライバーに対するエコドライブ講習会の実施により、燃費向上に努めております。

  • 節水活動

    節水型水栓の設置により、使用量の削減に努めております。年度により増減もありますが、ほぼ横這いで推移しております。

  • グリーン購入

    業務上必要な備消品については、優先的にグリーン商品を購入するように努めております。
    (2012年度から購入対象規格を見直しております)

  • OA用紙使用量の削減

    会議資料の電子化等により、OA用紙の削減に努めております。新規受託業務の多寡や、購入時期の年度ズレ等により、使用量に増減が発生しておりますが、今年度は業務体制の変更により、OA用紙の使用量が大幅に削減されました。

環境活動・品質管理