匠とは「難しい局面であればあるほど臨機応変に、素早く、確実に対応できる人」

No.12

ビルマネジメント事業部 施設サービス部 施設サービス二課 / 病院内清掃責任者

藤村 勝利

職 場

東急目黒線と大井町線が乗り入れる大岡山駅に直結した東急病院は、近隣には大学もあり連日多くの患者さまが訪れる。東急ファシリティサービスは2年前から業務を行っているが、藤村さんは前会社からのスタッフの一人である。東急病院の業務に際しては、医療サービスマーク(認定基準を充たすサービスに対して認定する制度)も取得した。病院ならではの注意点も多く、特に感染症やウィルス対策など細部に渡り細やかな気配り、心がけをし、日々来院される方を清潔な状態でお迎えしている。

プロフィール

東急病院に勤めて11年になる藤村さん。スタッフの多くは勤務歴数年のベテラン勢で、現在は17名を取りまとめ、日々奮闘している。業務を始めたころは、病院関係者となかなかうまくコミュニケーションが取れず、苦労することもあったと話す。しかしそれは我々に信用、信頼がなかったから。日頃の業務を見ていただくことにより、今では信頼してくださるようになり、無理なお願いにも耳を傾けてくださる関係になったという。東京急行電鉄管理部の方からは「嫌な顔一つせずに、フットワーク良く動いてくれるので、大変助かっています。藤村さんに頼めば安心です!」とのお墨付きをいただくほどのお人柄である。

Episode.1病院はチーム医療

 藤村さんの業務は、退院清掃や診察が終わったあとの外来清掃、健康管理センターの清掃のほか、定期清掃(ワックス掛け、カーペット洗浄、ガラス清掃、配管洗浄)の予定組みや立ち会いなど、多岐にわたる。医療の現場なので、ある程度の早さも求められるが、早いだけで雑になってはいけない。患者さまの中には咄嗟に避けたくても避けられない方もおられ、ケガ等は絶対にさせてはいけないからだ。一方手早くやらないと入院患者さまを受け入れられない。病院清掃は「早い、きれい、丁寧」のすべてを意識して取り組まなければいけない特殊な現場と言えるかもしれない。
 その中でも一番神経を使うのが、病棟のワックス掛け清掃だ。最優先は入院されている方の診察や治療の妨げになってはいけないということ。そのためには看護部の方たちのご協力なくして清掃は行えないのだそうだ。「病院はチーム医療」と藤村さんは話す。ドクター、看護師、薬剤師、介護福祉士、クラーク、管理部、そして清掃もその中の一つであり、チームの一員である。各立場の方がそれぞれその意識を常に持ち、仕事をしているからこそ万全の状態で患者さまをお迎えできるのである。
 また、スタッフの教育では苦労するそうだ。「個人情報や守秘義務、特に病院というデリケートな職場なので、マナーをはじめ、おしゃべりには特に気を付けてほしい」と常に指導している。いらいらしたり、焦ったりすることは誰しもあるが、とにかく冷静になること。冷静にならないと思考が働かない。普段の業務では「素早い対応と確実さ」を心がけている藤村さんだが、急がなければいけないときこそ「冷静に、冷静に考えよう!」と心に言い聞かせ、取り組むようにしている。

手術室での清掃の様子

Episode2.感謝の気持ち

 10年ほど前の話になるが、週に一回シーツ交換を担当していた入院患者さまがいた。その患者さまは病院の近くにお住まいだったため、退院後も病院周辺でよくお会いした。その際いつも声をかけてくれていたが、いつからか全然お見掛けしなくなった。遠くに引っ越されたのかなと気にかけていたが先日、何年かぶりにお会いした。その際も向こうから声をかけてくれた。話す内容はたわいもないことだが、とても嬉しかったそうだ。
 「一番が患者さまのため、そして病院のため」という意識をスタッフみんなが持っていることで、チームが1つにまとまる。そしてあまり頻繁ではないが「ありがとうございました」や、退院される患者さまから労をねぎらう言葉をかけていただいたりする機会があると、とても嬉しいと語る。
 また、看護師の方からも「あの時助けていただいてありがとうございました」と言っていただけると、それだけで相手の方に感謝してもらえたと、こちらも気持ちが良いものである。その感謝の声をスタッフに伝えると、あまり表には出さなくてもはにかみながら照れ隠しし、内心はみなとても喜んでいるそうだ。
 昨年、病棟の看護部の方から「いつも嫌がらず対応してくれてありがとうございます。」というメッセージ入りのクリスマスカードをいただいた。当たり前にやらなければいけないことだが、改めて声をかけてくださり、一筆くださることはやはりありがたい。そういう言葉がスタッフのモチベーション向上にもつながり、これからもチーム一丸となって頑張っていこうと強く思えると藤村さんは話す。

ベッドメイクの様子

完成した病室

藤村さんからのワンポイントアドバイス

手指衛生:手の洗いかた

寒くなり、空気が乾燥するとインフルエンザやノロウィルスなどが流行することが懸念されます。 
そこで誰にでもできる「手の洗いかた」をご紹介します!正しい手洗いを実践し、冬の大敵から身を守りましょう!!

(2018年10月25日時点)